NTTドコモは15日、前日の通信障害の影響で、携帯電話の音声通話やインターネットなどのデータ通信サービスを制限し、一部利用者で電話がつながりにくい状況が続いていると明らかにした。主流の第4世代(4G)移動通信システムと高速大容量の5Gは15日午前5時5分に正常化した。

 金子恭之総務相は15日、記者会見で「生活の重要インフラである携帯電話で大規模な影響を及ぼす障害が発生し、大変遺憾だ」と述べた。

 ドコモによると、14日夕に発生した全国規模の通信障害は復旧したが、その後に電話を使おうとした人が増えたため通信が混雑した。第3世代携帯回線で影響が続いている。