【北京共同】中国国家統計局が18日発表した2021年7〜9月期の国内総生産(GDP、速報値)は、物価変動の影響を除く実質で前年同期比4.9%増だった。6四半期連続でプラス成長を維持したが、増加率は4〜6月期(7.9%増)から減速。前期比では0.2%増とかろうじてプラスを確保した。新型コロナウイルスの再流行に加え、各地で停電が頻発し、生産や物流に支障を来した。

 半導体不足、原材料価格の高騰が続くほか、巨額債務を抱える中国不動産大手、中国恒大集団のデフォルト(債務不履行)懸念も解消されていない。中国の景気下振れが世界経済に影響を与える可能性がある。