【台北共同】世界的半導体メーカーの台湾積体電路製造(TSMC)とソニーグループ子会社のソニーセミコンダクタソリューションズは9日、熊本県に半導体受託子会社を設立して2022年に新工場建設を始め、24年末までの生産開始を目指すと発表した。当初の設備投資額は約70億ドル(約8千億円)になる見込みで、ソニー側は約5億ドルを出資し、20%未満の株式を取得する。

 新工場は熊本県菊陽町に建設し、約1500人の先端技術に通じた人材の雇用を創出する。TSMCが日本に生産拠点を設けるのは初めて。経済安全保障上の重要課題として進出を働き掛けてきた日本政府の戦略が前進した。