【ニューヨーク共同】週明け20日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落して始まり、前週末終値からの下げ幅が一時600ドルを超えた。欧米で新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染が拡大しており、景気の先行きへの警戒感が高まって売りが先行した。

 欧州を中心に行動規制を再強化する動きが出ており、世界経済に悪影響が及ぶとの不安が広がった。

 午前10時現在は前週末比558.97ドル安の3万4806.47ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は190.49ポイント安の1万4979.19。