【ニューヨーク共同】22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均はもみ合う展開となり、午前10時現在は前日比7.74ドル安の3万5484.96ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は41.96ポイント高の1万5383.05。

 新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染拡大を懸念した売りと、景気の先行きを楽観した買いが交錯した。クリスマス休暇を控えて様子見ムードも強い。