【ニューヨーク共同】27日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、クリスマス休暇前の23日と比べ351.82ドル高の3万6302.38ドルで取引を終えた。米景気の先行きに対して楽観的な見方が広がり、買いが優勢となった。

 SP500種株価指数も続伸し、65.40ポイント高の4791.19と2営業日連続で過去最高値を更新した。ハイテク株主体のナスダック総合指数は217.89ポイント高の1万5871.26。

 米年末商戦の小売売上高が好調と伝わり、投資家心理が改善した。