28日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反発した。前日の米国株式市場が上昇したことを好感し、幅広い銘柄に買い注文が入った。上げ幅は一時400円を超え、2万9000円の大台に乗せる場面もあった。

 午前終値は前日終値比276円30銭高の2万8952円76銭。東証株価指数(TOPIX)は17.02ポイント高の1994.92。

 前日の米ダウ工業株30種平均は、米国の年末商戦が好調と伝わり、景気先行きへの期待から続伸した。28日の東京市場もこの流れを引き継ぎ、製造業を中心に買いが膨らんだ。