イオンは28日、100円ショップを展開するキャンドゥへの株式公開買い付け(TOB)が成立したと発表した。キャンドゥ株を保有する同社社長らの資産管理会社も子会社化することで、イオンが保有する株式の比率は51.16%になる。友好的買収で、キャンドゥは来年1月5日にイオンの連結子会社となる。

 キャンドゥの名称を変更する予定はないという。買収総額は約212億円。第1回公開買い付けの価格が1株2700円、第2回は2300円だった。

 イオンはキャンドゥの子会社化を通じて、100円ショップなど均一価格の雑貨店の出店を進め、集客や経営基盤の強化を図る。