29日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=114円台後半で取引された。

 午前10時現在は前日比01銭円高ドル安の1ドル=114円83〜85銭。ユーロは10銭円高ユーロ安の1ユーロ=129円87〜91銭。

 前日までの円安ドル高傾向を受け、円を買ってドルを売ることで利益を確定させる動きがやや優勢となった。

 一方、市場では「国内輸入企業による実需の円売りドル買いも目立った」(外為ブローカー)との声もあった。