JR東海の金子慎社長(66)は31日までに共同通信のインタビューに応じ、東海道新幹線の最新車両「N700S」にビジネス用のブースを設置することを明らかにした。4月以降、3編成に試験導入する。7号車と8号車の間にある喫煙所を改装する。室内にはテーブルやコンセントを用意し「打ち合わせなどに利用いただけるようにする」とビジネス客の利便性を高める考えを示した。

 環境性能に優れた新型の在来線特急車両「HC85系」を7月に特急「ひだ」に投入する計画にも言及。運転開始に合わせ沿線自治体と連携し観光促進の企画を展開する。