【ニューヨーク共同】年明け3日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前週末の昨年12月31日と比べて246.76ドル高の3万6585.06ドルと過去最高値を更新して取引を終えた。米景気の先行きを楽観視した買いが優勢となった。

 幅広い銘柄で構成するSP500種株価指数も反発し、30.38ポイント高の4796.56と過去最高値を更新した。ハイテク株主体のナスダック総合指数は187.83ポイント高の1万5832.80。

 新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染が拡大しても、経済に与える影響は限られるとの見方が広がった。