日本自動車販売協会連合会などが5日発表した2021年の国内新車販売台数(軽自動車を含む)は、前年比3.3%減の444万8340台で、3年連続の減少となった。部品不足による減産が響いた。