【台北共同】世界的半導体メーカーの台湾積体電路製造(TSMC)が13日発表した2021年12月期決算は、売上高が前期比18.5%増の1兆5874億台湾元(約6兆5800億円)で過去最高となった。純利益も15.2%増の5965億台湾元で最高だった。

 黄仁昭財務長は22年は「パソコン需要や自動車産業の回復が望める」と予測し、400億〜440億ドル(約4兆5800億〜約5兆300億円)を投資するとした。世界的な半導体不足は長期化しており、TSMCは生産能力を一層増強して業績拡大を図っていく構えだ。