【ワシントン共同】米連邦取引委員会(FTC)は18日、企業合併の規制強化に向けて司法省とともに調査を始めたと発表した。不適切な合併によって競争が低下し、消費者の利益を損なうのを防ぐのが狙い。FTCが掲げる規制強化の一環となり、FTCに対する経済界からの反発の声がさらに高まりそうだ。

 FTCによると、合併の届け出件数は増加傾向にある。巨大IT企業に対する規制強化を唱えてきたカーン委員長は「違法な合併は価格上昇、機会減少による賃金下落、イノベーションの低下など多くの損害をもたらす恐れがある」とのコメントを出した。