22日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落した。米金融引き締め加速への警戒感から前日の米国市場が下落した流れを受け、東京市場でも幅広い銘柄で売り注文が優勢となった。

 終値は前日比447円80銭安の2万7105円26銭。東証株価指数(TOPIX)は22.85ポイント安の1905.15。出来高は約9億7940万株だった。