三菱UFJ銀行など国内大手5行は28日、5月に適用する住宅ローン金利を発表した。主力の固定型10年の最優遇金利は全行が4月水準から引き上げた。目安になる長期金利が上昇基調にあることや、他行の動向などを反映した。

 最優遇金利を最も低く設定したのは三井住友信託銀行の0.90%で、前月から0.05%引き上げた。次いでりそな銀行の1.00%だった。三菱UFJ銀は1.04%、みずほ銀行は1.15%、三井住友銀行は1.50%となった。

 固定型10年の基準金利も全5行が引き上げた。