【北京共同】ホンダが7日発表した中国市場での4月の新車販売台数は、前年同月比36.3%減の9万5216台だった。新型コロナウイルス対策でロックダウンが続く上海市を中心にサプライチェーン(供給網)が混乱し、商品供給に支障が出た。2カ月連続で前年実績を割り込んだ。

 中国に二つある現地合弁の「東風本田汽車」(湖北省武漢市)と「広汽本田汽車」(広東省広州市)のいずれも生産調整を余儀なくされたという。世界的な半導体不足の影響も続いている。

 ホンダは4月下旬に新型の電気自動車(EV)「eNS1」の販売を開始した。目下の予約状況は堅調といい、業績回復に期待をかける。