健康食品会社「えがお」(熊本市)は16日、日本マクドナルドホールディングス(HD)会長などを務めた原田永幸氏(73)が最高経営責任者(CEO)に就任したと発表した。16日付。

 原田氏は「プロ経営者」として知られ、マクドナルドHDの経営に約11年間携わったほか、ベネッセホールディングスの会長兼社長も務めた。長崎県佐世保市出身。原田氏は「えがおの将来の可能性に確信を持った。新しい価値創造に努める」とコメントした。

 えがお創業者の北野忠男社長は続投し、新たにCEO職を設けた。えがおは非上場会社で、黒酢やブルーベリーなどのサプリメントを製造、販売している。