三井住友銀行は20日、個人向けのインターネットバンキング「SMBCダイレクト」で一時、パソコンから利用できなくなるシステム障害が発生したと明らかにした。20日午後3時40分ごろに障害を確認し、午後6時ごろに復旧した。スマートフォン向けのアプリに問題はなかったという。

 三井住友銀では4月30日から5月1日にかけ、全国の支店やコンビニなどに設置しているATMで一部の取引ができなくなる障害が発生した。金融庁は同行と親会社の三井住友フィナンシャルグループに銀行法に基づく報告命令を出した。