トヨタ自動車は1日、高級車ブランド「レクサス」のスポーツタイプ多目的車(SUV)「RX」の新型車を日本で今年秋ごろに発売すると発表した。RXはレクサスの世界販売台数の約3割を占める主力車種で、約7年ぶりの全面改良。価格は明らかにしていない。

 秋ごろ以降に北米や中国などの海外でも順次発売する。販売目標は世界で年19万5千台、国内で8千台。

 レクサスの販売は2035年に全て電気自動車(EV)にする計画で、電動化を進めている。新型RXでは18.1キロワット時の蓄電池を装備。脱炭素に向け、外部電源から充電できるプラグインハイブリッド車を新たに設定した。