6日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続伸した。前週末の米株式市場の下落を受けて朝方は売りが優勢だったが、新型コロナウイルス禍で落ち込んだ国内経済活動の本格再開への期待もあり、次第に買いが強まった。

 終値は前日比154円32銭高の2万7915円89銭。東証株価指数(TOPIX)は5.97ポイント高の1939.11。出来高は約10億182万株だった。