5月の車名別国内新車販売台数は、トヨタ自動車の小型車「ヤリス」が前年同月比25.6%減の1万2400台で、5カ月ぶりに首位となった。ヤリスは燃費性能や使い勝手の良さが人気だ。4月まで4カ月連続トップだったホンダの軽自動車「N―BOX」は39.3%減で4位に転落した。

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が6日発表した。N―BOXは半導体の供給不足やコロナ感染拡大による中国・上海市のロックダウン(都市封鎖)に伴う部品調達難などで生産が滞り、販売に響いた。

 2位は25.8%増のトヨタの「カローラ」で、3位は17.3%減のスズキの軽「スペーシア」。