【ニューヨーク共同】週明け6日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発して始まり、午前10時現在、前週末比257.58ドル高の3万3157.28ドルを付けた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は163.32ポイント高の1万2176.05。

 中国・北京での新型コロナウイルス感染対策の緩和が好感され、景気動向に敏感とされる銘柄を中心に買いが先行した。