7日の東京外国為替市場の円相場は、対ドルで下落し、1ドル=132円台後半で取引された。一時132円70銭近辺を付け、2002年4月以来約20年2カ月ぶりの円安ドル高水準を更新した。前日のニューヨーク市場で米連邦準備制度理事会(FRB)が金融引き締めを加速するとの観測が強まり、相対的に金利が低い円を売ってドルを買う動きが優勢となった。東京市場でもこの流れを引き継いだ。

 日銀は大規模な金融緩和を続けており、日米の金融政策の違いが円安ドル高の流れを促している。

 東京市場の正午現在は前日比1円83銭円安ドル高の1ドル=132円59〜60銭。