【北京共同】中国国家統計局は10日、5月の消費者物価指数が前年同月比で2.1%上昇したと発表した。上昇率は前月から横ばいだった。統計局は新型コロナウイルスの感染防止対策が進み、供給が安定したと強調した。ただ食品や燃料の値上がりは目立っており、物価上昇圧力は続きそうだ。

 中国では最大の経済都市、上海市のロックダウン(都市封鎖)は解かれたものの、物流への悪影響は残っている。

 同時に発表した5月の工業品卸売物価指数は前年同月比で6.4%上昇した。上昇率は前月から1.6ポイント下がり、7カ月連続で縮小した。重点産業を中心にサプライチェーンが安定したとしている。