【北京共同】中国の配車サービス大手、滴滴出行(ディディ)は13日までに、米ニューヨーク株式市場から撤退した。中国メディアなどが伝えた。米国への顧客データ流出を警戒する中国当局の圧力を受け、1年未満の上場で終わった。

 最終取引となった10日の終値は2.29ドル(約310円)だった。昨年6月30日の上場時の公開価格は14ドルだったが、下落が続いてきた。今後ディディ株は店頭市場での取引となるという。

 中国の習近平指導部は影響力を持つ中国IT大手への統制を強化し、ディディに対しては「違法に個人情報を収集している」としてアプリのダウンロードを停止する処分を下した。