トヨタ自動車は15日、愛知県豊田市の本社で定時株主総会を開いた。基本性能が優れたスポーツタイプ多目的車(SUV)やスポーツカーの拡充といった商品力強化や、脱炭素に向けて電気自動車(EV)などの展開を進めている経営状況を説明した。

 豊田章男社長は「みんなで考えていい車を造ろうと申し上げてきた」と述べ、商品を軸に経営していると指摘。「悩み努力し、これだけの商品が出る会社になった」と強調した。

 総会には、新任の前田昌彦副社長ら取締役9人の選任などを提案。トヨタは豊田社長を長年支えてきた小林耕士氏が総会日に代表取締役を退くと公表済み。小林氏は執行役員は続ける。