三井住友フィナンシャルグループ(FG)は23日、SBIホールディングスと包括的な資本業務提携で合意し、796億円出資すると発表した。出資比率は1割程度となる。大手銀行グループのインターネット証券大手への出資は異例。個人から法人まで幅広い顧客を持つ三井住友FGと若年層に強みを持つSBIが連携することで、ネット証券分野の拡大を目指す。

 SBIが資金調達の手段である第三者割当増資を実施し、三井住友が株式を取得する。SBIは新生銀行の子会社化などに多額の資金を投じており、増資によって財務基盤を強化する。