週明け27日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=134円台後半で取引された。

 午前10時現在は前週末比07銭円安ドル高の1ドル=134円60〜63銭。ユーロは48銭円安ユーロ高の1ユーロ=142円06〜14銭。

 前週末に欧米の株式相場が上昇したことを受け、円を売ってドルを買う動きが先行した。

 一方、米ミシガン大が前週末発表した6月の消費者信頼感調査の確報値が速報段階から下方修正され、米国の利上げペースが鈍化するとの見方から円を買い戻す動きも見られた。