JR西日本は13日、山陽新幹線の「のぞみ」と「みずほ」の指定席特急料金を、来年4月購入分から値上げすると発表した。乗車区間に応じて110〜420円の値上げとなる。のぞみが山陽新幹線で運行を始めた1993年以来、消費税増税を除く値上げは初めて。新型コロナウイルス流行に伴う旅客減など経営環境の変化に対応する。

 のぞみやみずほの指定席を利用する際、ひかりなどに上乗せした特急料金を支払う必要がある。現在の上乗せ額は210〜320円だが、値上げ後は320〜740円。通常期に指定席を利用した場合、運賃を含む料金総額は新大阪―博多間が1万5600円から1万6020円。