【ヌサドゥア共同】インドネシアのバリ島で開かれたG20財務相・中央銀行総裁会議は16日、2日間の日程を終え閉幕した。ロシアのウクライナ侵攻を巡る意見対立から共同声明の採択を4月の前回会合に続き見送った。

 物価高を背景に世界経済の減速懸念が強まる中、G7に中国、インドなど新興国を加えた広範な枠組みで対策を打ち出すことが期待されたがかなわず、機能不全が長期化する恐れも出てきた。

 G7側は世界経済の減速懸念が強まっているのは、ロシアのウクライナ侵攻により市場や物流が混乱したからだと主張。ロシアは自国への制裁が世界経済を悪化させていると反論した。