トヨタ自動車は19日、8月の世界生産台数は約70万台を見込んでいると発表した。新型コロナウイルス流行による部品調達難が響き、年初に仕入れ先に伝えた台数から約15万台減らした。国内6工場9ラインで最長18日の稼働停止日を設ける。

 8月の世界生産の内訳は国内約20万台、海外約50万台。約970万台としている2022年度の生産計画は維持する。8〜10月の世界生産は月平均で85万台程度を予定している。

 6工場は元町工場(愛知県豊田市)やトヨタ自動車東日本の岩手工場(岩手県金ケ崎町)など。