20日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅続伸した。2万7000円台を回復し、前日終値からの上げ幅は一時600円を超えた。前日の米株価が企業業績への期待から大きく上昇したことを好感し、東京市場でも幅広い銘柄に買い注文が入った。

 午前終値は前日終値比637円84銭高の2万7599円52銭。東証株価指数(TOPIX)は37.08ポイント高の1939.87。

 東京エレクトロンやソフトバンクグループなどが買われ、平均株価を押し上げた。市場関係者は「米株高により短期的な利益を狙う買い注文が日本株にも集まっているようだ」と話した。