【北京共同】経営危機に陥っている中国不動産大手、中国恒大集団は23日までに、夏海鈞最高経営責任者(CEO)が辞任したと発表した。子会社の財務問題に関与していたことが発覚し、取締役会の要求で事実上解任された形だ。財務責任者も辞任した。

 公告によると、CEOの後任は恒大取締役で電気自動車(EV)部門トップの肖恩氏となる。

 恒大子会社の不動産管理会社、恒大物業集団は3月、預金134億元(約2700億円)が銀行に差し押さえられていたと発表、内部調査が進んでいた。預金が流用され、夏氏らが関わっていたことが分かったという。