萩生田光一経済産業相は26日の閣議後記者会見で、半導体大手キオクシアなどによる工場の建設に、政府が最大で約929億円を助成すると発表した。半導体工場建設を国内で後押しする関連法に基づき、建設計画を認定した。キオクシアはスマートフォンなど電子機器の記録媒体「フラッシュメモリー」の生産を強化する方針を掲げている。

 事業にはキオクシアに加え、米半導体大手ウエスタン・デジタル(WD)も参画する。萩生田氏は「半導体サプライチェーン(供給網)の強靱化や半導体産業の発展への貢献が期待され、日米連携の強化にも資する」と述べた。