雪印メグミルクは26日、家庭用マーガリン「ネオソフト」やチーズ、育児用粉ミルクなど計50品について、価格の引き上げや内容量を減らす実質値上げを実施すると発表した。原材料となる油脂や生乳価格が国際的な需要増に伴い高騰しており「コストアップが企業努力による吸収の範囲を超えた」という。

 価格を引き上げるのはマーガリンや粉ミルクなど計25品で、値上げ幅は3.3〜14.5%。内容量を減らすチーズは、主力商品の「6Pチーズ」が108グラムから102グラムとなる。

 マーガリンやチーズは9月1日納品分から、粉ミルクは10月1日納品分から、それぞれ改定する。