【北京共同】中国政府が金融業界の高額給与の制限に乗り出した。財政省が今月初めに国有金融企業に通知を出した。インターネット上で高給を自慢する金融会社の社員らに対し、住宅ローンの返済などに追われる庶民の不満が蓄積。格差是正の「共同富裕」をうたう習近平指導部が政権批判をかわすために対応したとみられる。

 通知は「国有金融企業は社員の給与分配を合理的な範囲に保て」と指示した。幹部クラスでも職責を果たさない者には給与を一部返納させよという一文も入った。

 主に幹部と一般社員の格差を緩和するよう求める内容だが、ネットでは業界の高給全般に対する「制限令」と受け止められた。