中部電力が10月の家庭向け電気料金を値上げする見通しとなり、燃料費の上昇分を料金に上乗せできる燃料費調整制度の上限に達することが17日、分かった。資源価格高騰が背景にあり、これで大手10社全てが上限に達することになる。