26日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=136円台後半で取引された。

 午前10時現在は前日比20銭円安ドル高の1ドル=136円67〜70銭。ユーロは29銭円高ユーロ安の1ユーロ=136円18〜26銭。

 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の講演を控え、様子見姿勢が強かった。

 市場では「週末で持ち高調整の動きもあり、方向感を欠いている」(外為ブローカー)との声が聞かれた。