【ワシントン共同】米労働省が2日発表した8月の雇用統計によると、景気動向を敏感に示す非農業部門の就業者数は前月から31万5千人増加した。失業率は0.2ポイント悪化の3.7%だった。