【ニューヨーク共同】2日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、朝方発表された8月の米雇用統計の内容が堅調だったのを受けて対ドルで下落し、一時1ドル=140円80銭を付けた。日本がバブル崩壊後の金融危機だった1998年8月以来、約24年ぶりの円安ドル高水準を更新した。

 午後5時現在は、前日比08銭円高ドル安の1ドル=140円07〜17銭だった。

 雇用統計は、景気動向を敏感に映す非農業部門の就業者数が前月比31万5千人増と市場予想を上回った。力強い労働市場を背景に、FRBが高インフレを抑えるために利上げを加速するとの観測が高まり、ドル買い円売りが進んだ。