【ロンドン共同】石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど主要産油国でつくるOPECプラスは5日の閣僚級会合で、10月の原油生産量を9月より日量10万バレル減産することを決めた。バイデン米政権の要請により9月に増産したものの8月の水準に戻す。

 新型コロナウイルス禍からの需要回復に合わせて段階的に増産を進めたが、世界経済の停滞懸念が強まっており、方針を転換する形となった。

 イラン産原油が国際市場に復帰する可能性が浮上し、需給緩和への警戒感も出ていることも踏まえた。