【ニューヨーク共同】連休明け6日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前週末比2円01銭円安ドル高の1ドル=142円08〜18銭を付けた。ユーロは1ユーロ=0.9915〜25ドル、140円96銭〜141円06銭。

 米長期金利が上昇傾向となり、日米金利差の拡大を意識した円売りドル買いが進んだ欧州市場の流れを引き継いだ。