財務省が8日発表した7月の国際収支速報によると、海外とのモノやサービス、投資の取引状況を示す経常収支の黒字額は前年同月比86.6%減の2290億円だった。日米の金利差拡大による円安進行と原油高で輸入が膨らみ、黒字幅が縮小した。比較可能な1985年以降、7月としては黒字が続いたが、過去最小だった。

 黒字は2カ月ぶり。経常収支のうち、貿易収支は1兆2122億円の赤字だった。輸出は18.5%増の8兆5838億円、輸入は47.6%増の9兆7959億円だった。

 海外投資で生じた利子や配当の動向を示す第1次所得収支の黒字は23.6%増で貿易赤字を補った。