8日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅反発し、約1週間ぶりに2万8000円台を回復した。下落傾向が続いていた反動で取引開始直後から幅広い銘柄に買い注文が膨らみ、相場を支えた。

 終値は前日比634円98銭高の2万8065円28銭。東証株価指数(TOPIX)は41.97ポイント高の1957.62。出来高は約12億765万株だった。