13日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は小幅ながら4営業日続伸し、8月26日以来約3週間ぶりの水準を回復した。終値は前日比72円52銭高の2万8614円63銭。前日の米国株の上昇を好感した一方、当面の利益を確定するための売り注文も出るなど上値は重かった。

 東証株価指数(TOPIX)は6.35ポイント高の1986.57。出来高は約9億3100万株。

 前日の米ダウ工業株が続伸した流れを引き継ぎ、買い注文が先行した。「iPhone(アイフォーン)」の新型機を発表した米アップル関連の電機株や、水際対策緩和の恩恵が期待できる陸運株などの上昇が目立った。