【ニューヨーク共同】15日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前日比173.27ドル安の3万0961.82ドルで取引を終えた。米連邦準備制度理事会(FRB)が大幅な利上げを続けることで景気後退に陥るとの懸念が根強く、リスク回避の売りが優勢となった。

 米長期金利が上昇したのを受け、収益率が高いIT銘柄への投資が見直されて売られたのが相場全体の下げを主導した。一時は上げ幅が140ドルを超える場面もあり、不安定な値動きとなった。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数も反落し、167.32ポイント安の1万1552.36。