【ニューヨーク共同】15日のニューヨーク商品取引所の金先物相場は大幅続落し、取引の中心となる12月渡しが前日比31.80ドル安の1オンス=1677.30ドルで取引を終えた。中心限月の終値としては2020年4月以来、約2年5カ月ぶりの安値。

 米連邦準備制度理事会(FRB)による積極的な利上げ継続への警戒感から米長期金利が上昇したため、保有していても金利が付かない金を売る動きが広がった。