総務省が4日発表した9月の東京都区部の消費者物価指数(中旬速報値、生鮮食品を除く、2020年=100)は、前年同月比2.8%上昇の102.7だった。伸び率は14年6月以来約8年ぶりの大きさで、消費税増税の影響を除けば1992年4月(2.9%)以来、約30年半ぶりとなる。資源高や円安による輸入物価の上昇がエネルギーや食品の価格を押し上げた。

 上昇は13カ月連続で、日銀の物価目標の2%を4カ月連続で超えた。ただ日銀が想定していたような景気拡大や賃上げなどにけん引された物価上昇にはなっておらず、家計の負担感が強まっている。