【上海共同】24日の香港株式市場は急落し、ハンセン指数は前週末比6%安の15180.69となり、約13年半ぶりの安値で取引を終えた。中国共産党で新指導部が発足し、景気の先行きに懸念が高まった。